貸し別荘

標準

石垣島は近年、多くの観光客で賑わっています。

観光で来る人の年齢も様々になりました。8月の今は、家族連れが多かったのですが、若めの方も多くなりましたね。

小さな子を連れて旅行に来る方もいますし、車椅子が必要な方でも旅行を思う存分楽しんでいるように見えます。

滞在方法も様々で、安宿で宿代を浮かせてダイビングなどにお金をかける人もいますし、大手リゾートホテルでプールなどで楽しむ人もいます。後者は家族連れに人気がありますね。

最近は、貸し別荘が人気になっていて、自分たちだけのプライベート感がたまらないようです。

料金も大人数になると、そこまで高くないので、石垣島に旅行に来られる時は、一つの選択肢に入れておくと、また違った石垣島が楽しめると思います。

キャンプ!

標準

石垣島にはキャンプ場が数カ所あります。

市で行なっているキャンプ場は、伊野田キャンプ場と米原キャンプ場の二つです。

その他、ビーチで行なっている人もいますが、基本的には指定キャンプ場以外のキャンプは禁止です。

8月の夏休み期間中は、キャンプ場は家族連れで賑わいます。

シーズンが終わるとキャンパーと呼ばれる人達のみがキャンプをする事になります。

 

中には10年以上キャンプに住んでいる強者もいます。郵便物の米原キャンプ場の〇〇さんで届くらしい。。

すごいですね。

小浜島へ

標準

毎年恒例にしている小浜島、1泊2日の旅に出かけてきました!!

小浜島はちゅらさんのテレビで有名になった島ですね。DA PUMPの元メンバーの出身地でもあって、のんびりとしたのどかな島です。

元気な方は小浜島を自転車で1周とかするんでしょうけど、ちょっぴりおっさんの私はそんな疲れる事はしません。

リゾートホテルを予約して、プールサイドや海でお酒を飲みながらのんびりくつろぎます。

海は好きなのですが、石垣島でも海水浴は出来るので、プールサイドでのんびりするのが好きです。

小浜にはリゾナーレ小浜島とはいむるぶし小浜島の2つの大きなホテルがあります。

リゾナーレ小浜島は星野リゾートが運営しているだけあって、従業員のサービスに定評があります。どちらかというと大人のホテルです。
一方はいむるぶしは、子供連れに人気です。

自分の環境に合わせたホテルを選ばないと、楽しめないばかりか、他の客にも迷惑をかけてしまうので、注意が必要ですね!

台風1号

標準

台風が何事もなく過ぎ去った石垣島です。

一時は900ヘクトパスカルまでなりましたから、直撃していたらまずかったでしょう。
ただ、台湾は直撃しましたので、素直に喜ぶ事はできませんね・・

台風は、本当にちょっとの距離が違うだけで被害の状況が変わります。
去年は与那国が壊滅被害に遭いましたが、石垣島はその台風の被害はわずかなものでした。

100キロ距離が違うだけで変わるのですね。

石垣島の中でも、川平は大丈夫で、白保は壊滅とかもあります。
こればかりは台風次第という事になります。

台風が過ぎてよかったと観光の方は思うかもしれませんが、実は、観光をなかなか楽しむ事は出来ません。
なぜなら、色々なお店が台風が来ると締めるからです。

台風対策をすると台風解除もするので、過ぎ去ったからといって、お店がすぐに空くわけではありません。
なので、どちらにしても、台風が来ると楽しめない事が多いのです。

捨て猫、捨て犬

標準

石垣島は、全国でもワーストの記録があるくらい捨て猫、捨て犬が多いのはご存知でしょうか?

そして、放し飼いもとても多い島なのです。ペットの放し飼いが多いので、空き地や売り土地を歩く時は要注意。

う◯ちやおしっこを野良犬がしている確率が高くなります。

特に、夏場、なぜか飼い犬を捨てる飼い主が後を絶ちません

捨てられた犬、ネコは保健所に収容されます。そこで飼い主が現れるのを待つか、新しい飼い主を探します。

保健所の方も相当努力をしてくれて、殺処分される動物は少なくなっています。

ボランティアの方もいて、そちらも頑張って犬ネコの譲渡会などを開催して、少しでも不幸な動物達を減らす努力をしてくれています。

色々な人達のおかげで、幸せになる犬ネコもいるので、みなさん、ペットは譲渡会で見つけましょうね

交通事故

標準

石垣島の資源といえば、さとうきび産業や観光産業ですよね。

中でも、新石垣島空港が出来てからの観光客の増加はすごいものがあります。

10年前と比べると2倍近くまで観光客が増加したのではないでしょうか?

今では年間100万人を越しています。

観光客が増えた事で、それに比例して交通事故も増えてしまいました。

最近では、観光客の脇見運転から対向車線にはみ出して正面衝突して、島人が骨折というニュースがありました。

料金が安いLCCが飛んだ事で、若者が多くなり、結果スピードの出し過ぎによる事故も多発しています。

石垣島は海外と思って運転した方がよいと移住した時に先輩から教わりました。

その通りだと実感しています!

島のインフラについて

標準

石垣島に移住して一番驚いた事。

それは、インフラが今イチな所です。東京や大阪など大都市にいると、インフラって普通に通っているものだと思ってしまいますが、石垣島ではまだまだ、下水が通っていない所もあったりと早急なインフラ整備が求められています。

下水の話をすると、昔の家には浄化槽すらない家もあったそうです。ようするに手作りのトイレになるわけですが、もちろんくみ取っていたわけではなく、浸透させていたそうで・・

現在は、大浜地区、宮良、白保などは下水道が通りましたが、街の中心地はまだまだこれからという、何とも言えない状況・・

しかも、下水道が通っても、下水につなぐまでの工事は本人もちになります。

大体、工事費は40万円前後、下水までのパイプの距離が長ければ、もっとする事もあります。

島の北西部にある有名な景勝地、川平湾のある川平地区はみなさん、海を汚さないために下水道につないでいる家庭が90%を越えています。

だけど、大浜地区、宮良地区などはまだまだ50%くらいの接続率です・・

移住者や観光客も年々増えていて、人口は増えているので、こういうインフラ整備に力を入れてほしいですね!

チラシ

標準

はいさい!

石垣島のローカル新聞、八重山毎日新聞ですが、内地の新聞と違って、ページ数が極端に少ないです。

だいたい4ページくらいかな?

そのうち一ページはテレビ欄なので、実際見るページはかなり限られてしまいます。

昔からのクセで、まず求人欄を確認して、地域の情報を入手・・それくらいです。あとはチラシに目が行きます。

石垣島では、大手スーパーマックスバリュー、サンエー、かねひでなどがありますが、よく特売のチラシが入ります。

新聞を見るのは朝なので、「おっ今日は安い!」と思って、8時くらいにお店に行ってしまうと、「商品がない・・」という事態になってしまいます。

石垣島のスーパーのほとんどは9時以降に商品が並び出すので、空いている時間を狙っても、なかなか得はしませんのであしからず。。

芝生

標準

さあ、夏本番になってきた石垣島です^^

これからの時期に一番気をつけなくてはいけない事。それは植物達のケアです!(人間もですけどね・・)

なにせ暴力的な暑さですから、すぐに植物達がカラカラになってしまいます。

雑草だったらもちろん放っておいてもよいのですが、せっかくお金をかけて植物達を育てているのであれば、枯らしてしまうのはもったいないですよね。

なので、これからの時期は朝、昼、夕方と最低でも3回は水まきする事をおすすめします!

芝は基本的には乾燥に強いですが、色が抜けてきたら要注意です。色が変わる前に水まきを!

そう、お気づきかもしれませんが、石垣島では水道代がものすごくかかるのです

水まきに、汗をよくかくから洗濯の水に、水分をよく補給する水代、トイレなどなど。。

水分をよく摂取しないと熱中症になってしまいますから、これは必要経費ですね。。

海辺のゴミについて

標準

石垣島といえば、綺麗な海、灼熱の太陽。そういった、THE OKINAWAというイメージを持っている方がほとんどだと思います。

確かにそうなのですが、意外とみなさん来られた方が口を揃えていうのが、「ビーチが汚い・・

そうなのです。石垣島は残念な事にビーチが汚いのです。

理由を2つ挙げてみましょう。

まず一つは、石垣島という地理的な要因から、台湾や中国からの漂流物が届きやすい場所であります。

冬の北風に乗って、島の北に面しているビーチでは大量の外国からのゴミが集められます。

定期的にボランティアの団体がゴミ拾いをしてくれていますが、拾っても拾っても追いつかないのが現状です。

特に、秘境と呼ばれるような、人気のないビーチには、この時期、大量のゴミで埋め尽くされます。

そして、もう一つは残念ながら、不法投棄が後を絶ちません。監視カメラがついていても捨てるという、図太い?人々もいるのです。

 

ちょっと残念ですが、これも事実として、観光のみなさまに感じ取ってもらえたら良いと思います。