高さ制限

標準

石垣島には建物を建てる時に、景観条例なるものがあり高さや外観などに一定の決まりがあります。

赤瓦の屋根でなければならない、高さ7メートル以下でなければならないなど。。

それが今朝の新聞にもしかすると変更するかもみたいに書いてありました。

何のために??

地震が来た時の避難場所として、受け入れ先が少なくなっている、などの理由があるようですが、これやられたら、今まで建ててた人、何とも言えない気持ちになるなあ。。

 

この季節特有のキビ

標準

はいさい。

石垣島の冬の風物詩といえば、さとうきび製糖工場のある名蔵です。

この時期は製糖工場に向かうさとうきびを積んだ大型トラックが色々な道路で見る事ができます。

意外とお金になるらしいよ??!

そんな中、先日前を走っているトラックがすごい事になっていたので、思わず写真を撮ってしまいました!!


ナンバーはもちろん見えません。石垣島だから許されることですね!

停電

標準

昨年の10月に大規模な停電があった石垣島ですが、またまた大規模な停電が襲いました。

約1時間、謎の停電になり、島は大混乱。

しかもその当日は石垣島マラソンという大事なイベントの日であって、そんなさなかにやってしまいました石垣市・・

停電になると、信号が止まってしまい交差点は本当に危ないです。

台風の日に停電するのは仕方ないかもしれませんが、こういう大事な時にはしっかりしてほしいですね。

あけました!

標準

おめでとうございます!

2017年はじまりましたね!!

さあ、今年もバリバリ働きますよ^^

1月1日は山登りに行ってきました。

毎年山には行っているのですが、今季は4歳の息子も連れていったので、ショートで登れるカラ岳を選択しました。

山頂まで15分かな?ちょっと生い茂っていましたが、楽しく登りましたよ^^

 

今年もよろしくお願いいたします。

標準

南国、石垣島にもいつの間にか冬がやってきました!!

石垣島の冬はずっと寒いわけではなく、前の日まで25度くらいでエアコンをつけていたかと思えば、次の日は急に冷え込んで16度くらいになったりします。

それなので、観光で訪れる際は必ずコートなど厚手の服を用意しておかないと寒くて痛い目に遭います・・

裸で海に入る猛者もいますが、基本はウェットスーツで入ります。ウェットスーツのレンタルをしているお見せもあります。

寒いとはいっても、北海道や東北の凍てつく寒さとは違うので、北国の人にとっては暖かいのではないでしょうか?

自衛隊

標準

尖閣問題が賑わいを見せておりますが、その影響もあって石垣島では自衛隊が早ければ2、3年後にも配備される雰囲気です。

まだ、決定しているわけではないですが、まあほぼ決まりでしょう。

自衛隊が来たらこの島はどんな感じになるんでしょう?

730交差点辺りを戦車が行き来するんですかね?

なんか外国みたいになりそうですね。

ただ、自衛隊の街では、自衛隊による犯罪も多いようで。。

色々な意味で気をつけていかないといけないですね。

レンタカー事故

標準

はいさい!

最近、新聞でレンタカーの事故がとても酷い事になっているようです。

事故の半分以上がレンタカーによる事故のようで、スピードの出し過ぎ、脇見運転などが原因のようです。

ここ数週間で、私も事故を3回ほど目撃しています。1つは駐車場内でガツンとやってしまうパターン、あとは交差点での事故です。

石垣島は、本当に見通しの悪い道路がたくさんあります。

街路樹が邪魔をして優先道路が見えない場所、優先道路がどちらか分からない場所など多々あるので本当に気をつけてください。

自分を守るのは自分だけ!です。

業者に頼むと

標準

はいさい!管理人です。

さて今日は、ちょっと島の嫌な事情を一言。。

建築業界は近年、開発がたくさん進んでいることで、慢性的な人手不足に陥っています。

本当に人手が足りないようで、いろいろな事が計画通りには進みません。

先日、とあるお客様のリンナイ製食器洗浄機が1年足らずで不具合が出た時の事。

リンナイに電話しても、販売店にお願いしろと言われた家主さんは、リフォームを請け負った業者にお願いしたのですが。

なんと、最初に電話してから、直るまで9ヶ月の歳月がかかったそうです。

その間、もちろん手洗いになるので、手荒れはひどくなり、ストレスもとても溜まったそう。

これは家主に言えない話ですが、なんとリンナイに送った洗浄機、何もせず「正常」という判断で返ってきたそうです。。。

どう思います??この対応?

大手の会社なのかもしれないけど、石垣島では、きちっとメンテナンスしてくれる会社の方がおすすめですよ!

貸し別荘

標準

石垣島は近年、多くの観光客で賑わっています。

観光で来る人の年齢も様々になりました。8月の今は、家族連れが多かったのですが、若めの方も多くなりましたね。

小さな子を連れて旅行に来る方もいますし、車椅子が必要な方でも旅行を思う存分楽しんでいるように見えます。

滞在方法も様々で、安宿で宿代を浮かせてダイビングなどにお金をかける人もいますし、大手リゾートホテルでプールなどで楽しむ人もいます。後者は家族連れに人気がありますね。

最近は、貸し別荘が人気になっていて、自分たちだけのプライベート感がたまらないようです。

料金も大人数になると、そこまで高くないので、石垣島に旅行に来られる時は、一つの選択肢に入れておくと、また違った石垣島が楽しめると思います。

キャンプ!

標準

石垣島にはキャンプ場が数カ所あります。

市で行なっているキャンプ場は、伊野田キャンプ場と米原キャンプ場の二つです。

その他、ビーチで行なっている人もいますが、基本的には指定キャンプ場以外のキャンプは禁止です。

8月の夏休み期間中は、キャンプ場は家族連れで賑わいます。

シーズンが終わるとキャンパーと呼ばれる人達のみがキャンプをする事になります。

 

中には10年以上キャンプに住んでいる強者もいます。郵便物の米原キャンプ場の〇〇さんで届くらしい。。

すごいですね。